• トップ /
  • 賃貸オフィスの防犯体制

賃貸オフィスでの注意

賃貸オフィスの防犯体制

賃貸オフィスもセキュリティ

ベンチャー企業などでも、かなり価値が高い技術やノウハウをもっているところもあるので、賃貸オフィスのセキュリティには気を付けることが大切です。物理的な問題として、きちんと部外者が侵入することができないシステムや夜間に勝手に人が入ってこないようなシステムをしっかりと導入しておく必要があります。大規模な賃貸オフィスビルであれば、ビル全体でしっかりとした防犯体制を整えているところもあるので、セキュリティはかなり高くなります。油断せずに二重三重の防犯体制を整えておくことが、情報流出のリスク回避のためには役立つことでしょう。

賃貸オフィス移転の費用を節約

賃貸オフィスでは、初期費用として敷金、礼金などが3か月分~6か月分かかってくることが多いですが、退去の時にも同じくらいの費用がかかってしまうことがあります。個人契約の場合なら、解約予告期間は1ヶ月となっているのが通常ですが、賃貸オフィスでは取引額が大きいので、大家さんの生活を守る必要性が強く、解約予告期間は3ヶ月~6ケ月程度になっています。もしも解約予告をいっさせずに退去をすると、最大で6か月分の違約金がかかってしまいます。違約金を完全にゼロにすることは難しい場合がありますが、移転のタイミングをうまく調節することで、違約金のコストを節約することができます。

↑PAGE TOP