華やかなイラストが印刷されたバッグの使い道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近では華やかなイラストやおめでたい写真などをプリントしたバッグを引き出物袋にする事が、プレ花嫁さんの間では流行っているそうです。これには理由があって、まず一般的な引き出物袋は以外に高いということです。これらの費用を安く抑える為に自分たちで用意するという理由があります。
そしてもう一つの理由ですが、引き出物袋と言えばシンプルな紙袋が定番です。無地かまたはちょっとしたデザインが入ったものばかりです。これをオリジナルの写真や自分たちが描いたデザインを施したワンランク上の丈夫なトートにすることで、渡した人にも長く使ってもらえます。またプリントされたイラストや写真などを見るたびに自分達の事を思い出してもらえたり、いつまでも忘れずに覚えていてくれたりするので、渡す方としても気分がよいものです。
一生に一度の思い出をずっと使える形で手元に残しておいてもらいたいと思う方が増えてきたので、プレ花嫁さんの間ではトートを引き出物袋にする事が流行っているのです。

デザイン印刷したトートバッグで引き出物袋に最適な種類

トートを引き出物袋にする事で費用削減にも繋がりますが、それではどんな種類のトートが引き出物袋に最適なのでしょうか。トートにはたくさんの種類があり、値段が高いものもたくさんありますので、しっかりと選ばなければ費用を削減するどころか逆に高くなってしまいます。
まず値段が安くてなおかつ丈夫さも兼ね備えているものと言えば、コットンや不織布のトートが最適です。これらの単価は安いものも多くあり、大量に必要な時にはとても重宝します。また薄手のコットントートなら買い物でも使えますし、おしゃれなものでしたらお出かけの際も持ち歩くことができます。
コットンは肌触りもよく、丈夫な天然素材なので、非常に人気の素材です。不織布はコットンに比べると強度は落ちますが非常に安価で、大量注文に向いています。これらのトートは引き出物袋に適しています。

オリジナル印刷バッグを引き出物袋にするときの注意点

自分達のオリジナルイラストや写真をプリントしたトートを引き出物袋にする際には、注意点があります。まずその式場に持ち込む際に、式場の規定によっては持ち込み料金が発生してしまう場合があるという事です。
基本的に式場が用意する引き出物袋には、その式場のマークや名前、ロゴが入っている場合がほとんどです。結婚式などではその式場に色々な県や地域の方が一堂に会します。そして式が終わった後には引き出物袋を持ってまたそれぞれの県や地域に戻っていきます。これは式場側からするとそれぞれの地域に分散して自分たちの式場の事を宣伝してもらっている事になりますので、大変大きな宣伝効果となります。
しかしこれをオリジナルのものに変えられてしまっては宣伝になりません。そのため持ち込み料金を取る式場もあるのです。引き出物袋をオリジナルのものに変える時はその式場の事もよく調べておく必要があります。