バッグに印刷する際に劇的に便利になるテンプレートの存在

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オリジナルトートを作る際に便利なのがテンプレートの存在です。テンプレートとは、プリントした際にイラストや文章などをきっちりと規定のサイズ内に収めちゃんと設計通りにプリントができるように予めつくられている雛形の事で、トートのオリジナルイラストをプリントしてもらう際もこれらのテンプレートを使用します。
自分で作成したイラスト、または店側で豊富に用意されている中からお気に入りのイラストを選んで、このテンプレートにしたがって作成していきます。テンプレート自体は無料ダウンロードでき、それぞれの店に合わせた仕様になっています。ただし店舗で使用しているイラスト作成専用のソフトウェアに対応したフォーマット形式でないと作成できない場合があります。このように設計通りのプリントをするために必要なのがテンプレートなのです。

バッグに印刷する際のデータ入稿の仕方

自分のオリジナルデザインが入ったトートは憧れるものですが、入稿の仕方が分からないと諦めている方も多いのではないでしょうか。トートの素材も形も決まった、イラストもできた、そしてオリジナルトートを作ってもらおうという段階になって入稿の仕方が分からないためにオリジナルトートを諦めるのは残念です。そこで入稿の仕方を説明します。
まずはトートを作成してもらうお店のテンプレートをダウンロードして、自分のPCに保存します。その店指定のソフトウェアを使ってデザイン作成します。作ったイラストをテンプレートの上に重ね合わせて、サイズを微調整していきます。ここでお店によってはこのデザイン全体のキャプチャー画面の提示を求めるところもあります。プリントの際にお客さんとの完成品のイメージのズレを防ぐためです。そしてすべてのデータを一つのフォルダに入れて圧縮して、データをお店側に送ります。

バッグの印刷テンプレートをお店に送る前の注意点

結婚式や誕生日など特別な日にオリジナルデザインを入れたトートバッグをプレゼントする人、したいと考えている人もいます。ウケ狙いでお笑い芸人の写真を入れたり、有名アニメキャラクターなどをあしらったトートなどのプレゼントを考えている人もいると思います。
デザインテンプレートをお店側に送信する前に少し気をつけたいことがあります。それは芸能人の写真や有名アニメキャラクターをデザインの中に盛り込むと、お店側で受け付けてもらえない可能性があるという事です。これは著作権や肖像権の問題上、これらを侵害する恐れがある為です。一般的には、営利目的でなく私的利用の範囲内では利用許諾を得る必要はない事になってはいますが、お店側もその人の使用目的を把握することができないため、仮に私的利用だとしても断られる可能性はあります。
また自分が書いたパロディデザインだとしても、明らかにキャラクターが特定できてしまうものは断られる確率は非常に高いです。このようにトラブルを未然に防ぐためにも芸能人の写真や有名アニメキャラクターなどのテンプレートは受け付けてもらえない可能性が高い事を覚えておきましょう。