トートバッグ印刷の基本1色刷り2色刷り4色刷り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トートのデザインを注文する時によく聞くのが何色刷りで注文するかという事です。当然使う色数が減っていけばコストが下がり安くなっていきます。自分の好みに合わせて色数も合わせたいものです。
まず1色刷りですが、こちらは1色だけを使って印刷する方法です。ブラックのみ、レッドのみなどコストがとても安くモノクロ的な色調になります。水墨画のようなデザインの時は逆にこちらの方が良い味が出るでしょう。次に2色刷りです。こちらはCMYKと呼ばれる色の4色のインクが使われますが、この中から2色だけを選んで色の濃淡を付けていく方法です。2色だけしか選べない為色調はそれなりですが、それでもデザイン的には十分な表現が出来ます。
そして最も高い4色刷りですが、こちらはフルカラーです。CMYKのすべてのインクを使う為どのような色調も出せ、写真なども再現する事が可能です。このように自分の好みと予算に合わせて適切な方法を選ぶと、極限までコストを削減できます。

バッグ印刷注文する際によく目にするCMYKとRGB

オリジナルトートなどを注文する際に自分のオリジナルデザインを出稿したりしますが、そのページの説明欄によくCMYKとRGBの単語を目にします。これはシアン、マゼンタ、イエローそしてブラックです。これら4原色ですべての色合いが表現されます。
これらは重ね合わせるほど黒色になっていくため減法混色と呼ばれます。この4原色の事をプロセスカラーと呼び、プリントの際の規格が統一されています。これに対してRGBとはレッド、グリーン、ブルーですが主にこちらはデジカメやスキャナー、モニター表示などのデジタルでの表現の場合になります。光の3原色と呼ばれ、印刷の場合と表現が異なります。
この3色を重ねていくと徐々に白色になっていくため加法混色と呼ばれます。このRGBのままデータ変換せずに出力してしまいますと、プリントの際に違う色へと変化してしまいます。そのためRGBは使用されずCMYKが使われるのです。

バッグ注文でよく聞く特色印刷とフルカラー印刷

トート注文の際のページ内でよく特色印刷という単語を目にする事があります。フルカラーとはまた違ったもので、こちらはCMYK以外の特別なインクを使用してプリントする方法です。こちらはフルカラーのプリント時には使用しないインクを使用し2色カラーを表現します。
コスト的にも安く、単色よりも多用な表現方法ができる事から、特売のチラシを大量に刷る時や商品パッケージなどを作る時に活躍する方法です。緑や茶色、赤色などCMYKでは無いインクを使用し、橙色や黄緑色などを表現できます。また特色の方は、フルカラーやCMYKでは表現できない金銀パール色や、鮮やかさが特徴のパステルカラーなどを表現する事ができ、色彩を大幅にグレードアップさせる事ができるのです。こちらの主な使用用途としては、ロゴの作成や、名刺やパンフレットなどのフォントを飾るときなどに多用され、なくてはならないプリント方法です。